メカニックブログ

株式会社 ヤナセオート HD・Buellメカニックブログ

FLS ”S”
ハーレー2016年モデルの大注目モデルのFLSSです。

個人的にもソフテイルスリムは好きです。昔ながらの前後16インチタイヤは乗りやすく、タイヤ交換のランニングコストも最近のラジアルタイヤよりは安く上がります。(極太タイヤもカッコ良いです)ノーマルの状態でも重心が低く足着きも良いので、小柄な方や女性の方にもお勧めです。スタイルもシンプルでカッコイイですよね
そこへ来て今年のSモデルです

ミリタリーテイストのオリーブゴールドデニムペイント(ミリタリーマニアにはたまりません)エンジンはバランサー付き110ci(1801cc)のブラックエンジンです
フロントフォーク廻り、レバー、など細部にわたってもブラックアウトされ雰囲気の良いフォルムに仕上がってますそしてオートクルーズも標準装備です。サドルバック、シールドなどは付いていませんが、ストリップ派な方にはもってこいです。(後からバックなど付けても良いでしょう)
車両本体価格¥2.485.000(税込み)です。ちょっとお高めですがCVOモデルと比べると若干お求め安い値段では
あんまり派手な外装は・・・と言う羊の皮をかぶった狼好きなミリタリーマニアの方、FLSSで出動してみては如何でしょうか



  2015年12月25日 17:11 | 記事URL

JIMS ファン
またまた季節外れですが、冷却ファンのお話です。夏場の暑さ(熱さ)を教訓にこの時期でも冷却ファンのお問い合わせは多いです。
先日LOVE JUGSを紹介しましたが、今回はJIMSのFORCE FLOWです。ホーンの取り付け位置に比較的シンプルに収まります。ホーンも内臓なので移設も不要です。温度センサーが付いていて基本的に自動で回ります。ON、OFFスイッチが付いていて強制的に止められます。Vバンクの真ん中付近に取り付けられる為シンプルな分、2個ファンのあるタイプより冷却効率は劣りますが、ファン自体の威力は十分な気がします。ツーリングモデルでは、電スロのスロットルボデー付近にも風を送れるのでその辺は良い所でしょうか。
カラーがつや消し黒とメッキ(ちょっと純正メッキの風合とは違います)
つや消しが気に入らないので、パウダーコートします。
シルバー部分を残してコントラスト風に塗装です。全体のコントラスト系のパーツとのバランスが良くなりまとまりました                               今は純正のファンKITがなくなってしまった為、社外品で対応してます。来年の夏へ向けて冬場にオーバーヒート対策如何でしょうか



  2015年12月24日 11:27 | 記事URL

FLHXSE 2016
今日は最新2016年モデルのFLHXSEです。

もう納車させて頂き早々と初回点検です。
基本的にグラフィックは2015年と同じですがこのNEWカラーのホワイトアメジスト/ブラックリコリスフレイムホワイトベースのCVOは今までのCVOモデルの中でも珍しいカラーですね。カラーリングだけでなくリニューアル部分も結構あります。ウルトラ系のみ標準装備だったプロジェクターLEDヘッドライトが装備され、フロントウインカーもLEDになりました。BOOM BOXステージUオーディオは従来どうりですがアンプは300Wから600Wアンプに変更されてます。タイヤエアーのモニタリングシステムも追加されました。セキュリティーリモコンとキーが一体化され質感も良く使いやすいです。(ウルトラCVOはパワーロックもセキュリティリモコンで操作可能になりました)

エンジンはお馴染みTWIN COOLDEの110ci(1801cc)エンジンで圧倒的なパフォーマンスを発揮します。2014年以降ツーリングモデルのCVOはヘッド水冷のエンジンなのでパフォーマンスも上がり冷却効率も空冷モデルより当然良いです。
最新型のCVOモデル車両価格もすばらしいですが、パワー、デザイン、機能とハーレーダビッドソンの中でも比類なき一台に完成されたCVOモデル最高のハーレーライフに如何でしょか


  2015年12月20日 09:56 | 記事URL

インジェクションチューニング
SEスーパーチューナー好評です。この冬も何件かご注文頂いております。燃料を調整できてアイドリングも800RPMまで下げられます。(注) 車両によっては下げない方が良い時もありますし、基本は1000RPMです。
エアークリーナーなど交換した時にはECMのキャリブレーションが必要です。今回はシンプルにSEスポーツスターステージ1エアークリーナーに交換です。個人的にもこのタイプがノーマルぽっくて好きです。定番のS&Sや最近人気のPM、RSDもカッコ良いですが、純正SEタイプはブローバイ(エンジンの中のオイルを含んだガス)の処理が良いです。最近は純正SEでもおしゃれなエアークリーナーKITの種類も豊富です。エンジンの真ん中の目立つパーツなのでド派手にいっちゃうのも有りでしょう
(やっぱり私個人的にはノーマルっぽいのが好きです)
SEスーパーチューナー気になってる方は是非ご相談お待ちしてます。

一応社外のTMAXも有ります。完全に社外のフルコンなので保証期間内はお勧めしません。純正の診断機も使えなくなります。ただワイドバンドのO2センサーになるので、制御範囲は広いです。最近のハーレーの小さいO2センサーのエキパイには取り付けできませんが、昔の大きいタイプのセンサーであればそのまま取り付け可能です。(現行O2センサーのタイプでも加工すれば取り付け可能です)
発売されたての頃よりアップデートされてトラブルも少なくなり、比較的使いやすくなった感じも有りますね。社外なので問題もありますが良い所も有ります。今はインジェクションチューニングの需要は多いです。うちのお店で扱っていないタイプもいろいろあります。(外注で対応できるものもあります)気持ちよく走れるのが一番だと思うので、気になる方はご相談お待ちしてます。


  2015年12月19日 20:34 | 記事URL

TC88のウイークポイント
1999年にTC88エンジンが出て、かれこれ17年経ちます。こちらの車両も2006年式で85000kmなかなかのペースで楽しんで頂いてますが、心配なのがカムチェーンテンショナーです。(ご存知の方も多いですよね)今回2回目の点検です。
TC88エンジンはカム廻りの駆動をチェーンで行っており、そのチェーンを押さえているスプリングテンショナーの樹脂がだんだん減っていきます。最後は砕けてしまったりして、破片がオイルラインに詰まったり、カムシャフト廻りの破損にもつながります。なのでカムカバーを外してテンショナーの点検をお勧めします。
点検時期はオイル管理、エンジンの仕様、アクセルの開け方、など状況によってまるっきり変わってきますが、一般的な乗り方(ツーリングメイン)で、早い車両で40000km前後でしょうか。(本当に車両によって変わります)ちなみに今回の車両は、85000kmでもタップリ残ってました。先日修理した方は46000kmで完全にアウトでした。点検には工賃ガスケットと費用はかかってしまいますが、40000km位走ってる車両は点検をお勧めします。
しっかりメンテナンスして長く愛車と楽しんで下さいね


  2015年12月18日 09:51 | 記事URL

最近の定番パーツ
もうお馴染みのLEDヘッドライトですが、冬のプチカスタムに如何でしょうか?純正でも7インチ、5-3/4インチ、フォグランプ用、ロードグライド用、プロジェクタータイプ、リフレクタータイプと種類も豊富です。
たとえば48(フォーティーエイト)なんかもノーマルでもかなりキマってますが、
最近人気のブラックタイプのLEDライトに交換です。ライトだけでも雰囲気は一気に変わり全体的なダークなスタイルをより一層引き立てますねライトトリム、ウインカーレンズと細部にこだわれば更におしゃれですね

見た目もカッコイイですが、日が落ちるのが早い今の時期、ライトが明るいってのは安全ですよね。昼間だって周りの人からの視認性も良く効果的ですね。今まで7インチプロジェクターは並行ものが多かったですが、いまは純正でも対応しています。冬のプチカスタムに如何でしょうか


  2015年12月17日 09:41 | 記事URL

ハートのタンク ?
12月も 2週目に 入りすごく冷え込んできました 。。。。 が

まだ デキルかもしれません 。。。。。

まだ 2週間位 あります 。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。






そんな中 ハートの タンクがでてきました



アメリカの M J さんから。  ( 野郎かも知れませんが )



arai




  2015年12月08日 21:18 | 記事URL

(続)冬のカスタムパウダーコートからの
オーリンズからハーレー用にブラックモデルがラインナップされています。
「リヤサスもブラックにしちゃいましょう
と言うことで新商品のブラックオーリンズに交換です。なかなか好評らしく3週間程の納期で入荷です。

ブラックボディのオーリンズなかなかいい感じです。ロゴも控えめでおしゃれですね

スーパーローになる前の883Lですが、昔ながらのスポーツスターの雰囲気が残っていて、スポスタ好きの私もやっぱり落ち着くスタイルです。最近の48、アイアンもブラックアウトされたスタイルで結構完成されてますが、883Lベースだとまた違った雰囲気で楽しめますよね。

冬のカスタム。まずは黒くしたいなんて方は是非ご相談お待ちしてます


  2015年12月06日 14:24 | 記事URL

冬のカスタムパウダーコートからの
メッキも良いですが最近パウダーコートでブラックにってカスタムが多いです。
今回もホイール、フォークアウターと塗装してきましたが、キャリパーがシルバーで気になります。
よし交換しちゃいましょう
と言うことでPMのコントラストカットへ交換です。スポーツスターなので、年式によってマスターシリンダーの交換が必要です。チョット金額は張っちゃいますが、ど定番のPMキャリパー 間違いないです。
他にもキャリアシーシーバーとブラックアウトしてしまった為また気になるところが・・・続く

  2015年12月06日 09:49 | 記事URL

XL1200X(48) 2016
ノーマルでもかなり完成されていた48(フォーティーエイト)でしたが、2016年でかなりリニューアルされています。
フロントフォークは49mmのカートリッジダンパーフォークに改良されています。スタイリング的にも迫力のあるフロント廻りとなり、当然走行性能も向上しています。ホイールも新デザインのアルミキャストホイールになりかなりいい感じです。(スポーク好きの方もたくさんいらっしゃいますが)
おなじみピーナツタンクも70年代っぽい雰囲気でこのブラックなんかは素直にカッコイイです。(ハードキャンディーカラーも良いです)そしてリヤサスもアジャスタブルサスペンションになりシートも改良され、ローモデルがゆえ犠牲になっていた乗り心地もかなり向上されています。エアークリーナー、ヒートガード、ベルトガードと細かいパーツも変更され全体の雰囲気がかなりまとまってます。ABSも装着されフロントのディスクローターはフローティングに変更され安全面、快適性、デザインとかなり洗練されてしまいました。
試乗車の準備もありますので是非リニューアルされた48、店頭でご体感下さい


  2015年12月03日 12:50 | 記事URL

プロフィール
株式会社 ヤナセオート
HD・Buellショールーム
〒370-0071
群馬県高崎市小八木町1527-1
[OPEN] 10:00〜19:00
[CLOSED] 月曜日
[Tel] 027-362-8234
[Fax] 027-362-6301
[E-mail]
 info@yanase-auto.jp

最新の記事
  • ミルウォーキーエイト ならし終了
  • 2016.5MY モデル!!!
  • 消耗品
  • 2016 XL883N アイアン
  • XG750ストリート試乗車
  • 2016
  • FLS ”S”
  • JIMS ファン
  • FLHXSE 2016
  • インジェクションチューニング

  • <<   2015年12月   >>
    Su Mo Tu We Th Fr Sa
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    

    Archives
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (10)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年03月 (2)
  • 2015年02月 (5)
  • 2014年12月 (9)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (5)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年09月 (8)
  • 2011年08月 (4)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (9)
  • 2011年02月 (11)

  • Copyright YANASE AUTO HD・Buellショールーム All Rights Reserved.